ヤクルト4連敗…打線つながらず首位と2・5差に

[ 2011年8月30日 23:05 ]

セ・リーグ ヤクルト2-3広島

(8月30日 神宮)
 ヤクルトは2―3の延長10回に2死一、二塁と攻めたが、追い付くことはできず、2位とのゲーム差は6月27日以来となる2・5に縮まった。

 今季初の延長に入っての敗戦で、4連敗。12安打で2得点の打線に小川監督は「なかなか、安打が出てもつながらないですね」とため息をついた。その中でも「振れていることは振れているけど…。何かきっかけがほしい」と話す青木の不振が深刻。小川監督も「青木の復調待ちですかね」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月30日のニュース