楽天 逃げ切り勝ち!石井一からわずか4球で先制!

[ 2011年8月30日 21:06 ]

1回楽天1死三塁、高須が左前に先制打を放つ

パ・リーグ 楽天2―1西武

(8月30日 秋田)
 楽天が逃げ切った。楽天は1回、石井一からわずか4球で先制した。1番の松井稼が2球目を左中間二塁打とすると、内村が初球で送りバントを決めて1死三塁。続く高須は初球の浮いた直球を見逃さず、左前に打ち返した。

 27日までの7連勝はいずれも先制したように、最近は打線が好機を確実にものにできている。高須は「先制点を取れて良かったね」と喜んだ。

 岩隈は8回1失点で6勝目を挙げ、9回はラズナーが締めて9セーブ目。

 西武は8回2死二、三塁から中島の右前打で1点を返しただけだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月30日のニュース