「ぶるっときた」内海 思い出のマウンドで13勝目狙う

[ 2011年8月30日 06:00 ]

 巨人・内海が30日の横浜戦に備え、試合が行われる福井県営球場で調整した。

 敦賀気比出身の左腕にとっては、3年夏(00年7月31日)の福井大会決勝で延長戦の末に福井商に敗れ、甲子園出場を逃して以来11年ぶりの同球場のマウンド。「球場に入った瞬間にぶるっときた。懐かしさと悔しい思いで、今でもよく思い出します」と感慨深そうに話した。現在、広島・バリントンと並ぶ12勝。「いろいろ考えずに自分のピッチングをするだけです」と13勝目に向けて意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月30日のニュース