失策1つで乱れた横浜 求められる図太さ

[ 2010年3月28日 09:36 ]

 【横浜3―4阪神】2点先制した直後、守りのミスがすべての流れを変えてしまった。6回、阪神の代打・狩野を一ゴロに仕留めながら、ベースカバーに走った寺原が内川からのトスを落球。これをきっかけに3点を奪われた。

 「一つのミスで流れが変わった。もったいなかった」とうなだれた寺原。5回まで2安打投球も冷静さを欠き、打たれだすと止まらない昨年までのパターンの繰り返し。「三浦さん頼りではいけない」と“自立”を掲げた今季の寺原だが、ミスした後の図太さが投球技術以上に求められそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年3月28日のニュース