マーくんの力投 暗いムードを吹き飛ばした!

[ 2010年3月28日 18:34 ]

 【楽天2―1西武】サヨナラで今季初勝利を挙げた楽天ナインの歓喜の輪に、ベンチから走りだした田中が満面の笑みで加わる。プロで初めて10回を投げ、5安打1失点で完投。マイクを向けられ「雪もちらつく中、最後まで熱い声援ありがとうございました!」と威勢よく叫ぶと、観客席は優勝したかのような騒ぎになった。

 田中がこだわり続けるのが直球の切れ。今季初登板だった21日のオリックス戦は変化球に頼る内容だったが、1週間で球威を取り戻していた。三回に先制を許した後も「我慢して投げれば必ず流れがくる」と、直球を主体に組み立てる強気の姿勢は崩さない。118球にも「疲れは感じなかった」。九回にはこの日最速の146キロをマークし、延長十回もあっさりと片付けた。
 決勝打の渡辺直が「田中の背中を見て守っていたので、絶対決めてやろうと思った」と話せば、ブラウン監督は「田中が素晴らしかった。チームに勝つチャンスを与えてくれた」と感謝した。21歳の力投が、開幕4連敗の暗いムードを吹き飛ばした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年3月28日のニュース