×

Bリーグ・宇都宮、昨季王者撃破で3大会連続4強 アウェーで昨季決勝の雪辱

[ 2022年5月16日 05:30 ]

BリーグCS 準々決勝 ( 2022年5月15日 )

比江島
Photo By スポニチ

 2戦先勝方式の準々決勝第2戦の3試合が行われ、宇都宮(東地区4位、ワイルドカード1位)がアウェーで昨季王者の千葉J(東地区1位)を77―70で破り、2連勝で3大会連続の準決勝進出を決めた。川崎(東地区2位)は名古屋D(西地区3位)に85―70で快勝して、14日の第1戦に続く白星で4強入り。A東京(東地区3位)は島根(西地区2位)に91―57で大勝して1勝1敗とした。16日に第3戦を行う。

 宇都宮はアウェーで連勝して昨季決勝の雪辱を果たした。試合開始から11連続得点し、第1Q終了時に23―9のリード。第3Qに一時4点差まで詰められたが、終盤は効果的に3点シュートを決めて逃げ切った。比江島は「1年前の決勝で負けた悔しさを持って、この1年間やってきた」と胸を張った。準決勝はアウェーで川崎と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月16日のニュース