×

宇野 団体&個人SP自己新の勢い乗る 4種類の4回転しっかり着氷

[ 2022年2月10日 05:30 ]

公式練習に臨む宇野(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 SPで3位となった宇野昌磨(トヨタ自動車)が、フリーに向けて4種類の4回転ジャンプを着氷した。曲かけの前半は振り付けを確認し、後半は4回転―3回転の連続トーループなどを着氷。その後の練習では、サルコー、ループ、フリップの4回転もそれぞれ着氷した。調整を終えて報道陣から抱負を問われると「頑張ります」と淡々と語った。

 団体戦のSP、そして個人戦のSPと自己ベストを2度も更新。ただ、今季のフリーは「練習から毎回、ノーミスができているような構成ではない」と本人が言うように、4種5本の4回転ジャンプを組み込む高難度のプログラムとなっている。自分と向き合ってきた中、大舞台で納得の演技を披露する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月10日のニュース