×

現役復帰表明の大迫氏がダイソンのセミナーに出席 優れモノの空気清浄器に「妻も大満足」

[ 2022年2月10日 17:48 ]

花粉症セミナーでトークセッションを行う大迫氏(撮影・久冨木 修)      
Photo By スポニチ

 6位に入賞した昨夏の東京五輪男子マラソンを最後に引退し、7日に自身のウェブマガジンで現役復帰の意向を示した大迫傑氏(30)が10日、都内で開かれた「ダイソン花粉対策セミナー」に出席してトークショーを行った。8日にも自身のユーチューブチャンネルで28年ロサンゼルス五輪出場へ意欲を示していたが、復帰表明後初の公の場となったこの日の質疑応答は主催者の代表質問のみだったため、今後について自ら言及することはなかった。

 鼻づまりや目のかゆみなどで夜によく眠れないなど、花粉症に悩まされてきたという大迫氏は「花粉の多いところにいた」早大時代から玄関先で服を脱いだり、早めに入浴するなど空気のきれいな部屋で生活することを心がけていたと明かした。トレーニング中はマスクを着用できず、呼吸の回数も多くなるため、どうしても花粉を吸い込むことになると話し、セミナーでの花粉対策の中から「鼻洗浄をしっかりやっていきたい」と話した。自宅では加湿機能と扇風機付きのダイソンの空気清浄器を利用しているそうで、「1年中出しておけるし、フィルターの交換が年に1回でいい。妻も大満足している」と“宣伝”も忘れなかった。

 アスリートはトレーニングを継続するために体のケアや睡眠が大事で、体調管理のためにウイルスや花粉を体に入れないことも重要と説明した大迫氏。冬季トレーニングの重要性を説き、「これからの時期、花粉に勝って、練習に勝って、試合で勝てるようにしてほしい」とランナーたちにエールを送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月10日のニュース