×

ウォリアーズの連勝が9でストップ 勝ったジャズは5連敗後に4連勝

[ 2022年2月10日 16:14 ]

ハイタッチをかわすジャズのミッチェル(左)とホワイトサイド(AP)
Photo By AP

 NBAは9日に各地で6試合を行い、西地区全体2位のウォリアーズは敵地ソルトレイクシティー(ユタ州)でジャズに85―111(前半49―55)で敗れて41勝14敗。連勝は9で止まり、試合のなかった首位サンズ(44勝10敗)とのゲーム差は「3・5」に広がった。

 西地区全体4位のジャズは34勝21敗。5連敗のあと4連勝を飾って盛り返してきた。ボヤン・ボグダノビッチ(32)がチーム最多の23得点をマーク。ドノバン・ミッチェル(26)は14得点、10リバウンド、8アシスト、ベンチから出たセンターのハッサン・ホワイトサイド(32)は9得点、17リバウンド、7ブロックショットを記録した。

 西地区全体9位のレイカーズは敵地ポートランド(オレゴン州)でトレイルブレイザーズに105―107(前半54―47)で競り負けて26勝30敗。レブロン・ジェームズ(37)は30得点を稼いだものの、チーム全体で21回のターンオーバーを犯して28失点を喫するなどミスの多い試合となった。ラッセル・ウエストブルック(33)は腰痛で今季初の欠場。レイカーズは2022年になって8勝11敗と精彩を欠いており、プレーオフ進出に赤信号が点灯している。

 大黒柱のデイミアン・リラード(31)が故障で離脱し、すでにCJ・マッカラム(30)とノーマン・パウエル(28)の主力2人をトレードで放出していたトレイルブレイザーズは22勝34敗。アンファーニー・サイモンズ(22)が29得点、センターのユスフ・ナーキッチ(27)が19得点と12リバウンドを稼いでチームの連敗を6で阻止した。

 東地区全体3位のブルズは36得点をマークしたデマー・デローザン(32)の活躍でホーネッツに勝って34勝21敗。同首位ヒートとのゲーム差を「1」に詰めた。同4位のキャバリアーズは3連勝。キングスに敗れた西地区全体7位のティンバーウルブスの連勝は5で止まっている。

 <9日の結果>
*キャバリアーズ(34勝21敗)105―92スパーズ(20勝35敗)
*ブルズ(34勝21敗)121―109ホーネッツ(28勝28敗)
ラプターズ(30勝23敗)117―98*サンダー(17勝37敗)
*ジャズ(34勝21敗)111―85ウォリアーズ(41勝14敗)
*キングス(34勝21敗)132―119ティンバーウルブス(29勝26敗)
*トレイルブレイザーズ(22勝34敗)107―105レイカーズ(26勝30敗)
 *はホームチーム

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月10日のニュース