×

女子高生スケーター・堀川桃香 初五輪の5000メートルで力走 自己ベスト更新の7分6秒92

[ 2022年2月10日 21:07 ]

北京五輪第7日 スピードスケート女子5000メートル ( 2022年2月10日    国家スピードスケート館 )

スピードスケートの女子5000メートルに出場した堀川桃香(AP)
Photo By AP

 スピードスケートの堀川桃香(18=北海道・白樺学園高3年)が、10日に行われた女子5000メートルに出場。第1組で登場し、7分6秒92で滑り終えた。最終結果は10位となった。

 18年平昌五輪にも出場したベラルーシ選手と同走。中盤から若干遅れを取ったが、最後まで粘り、結果的に自己ベスト更新した。自身初出場という大舞台で立派な結果を出した。

 今大会のスピードスケート陣では、唯一の高校生代表。北海道大樹町出身で、実家は酪農家を営む。4年前の平昌五輪は地域の派遣事業で現地で観戦した。女子団体追い抜きと女子500メートルの金メダルの瞬間を客席で見届けてから4年。「(団体追い抜きは)半周ごとにラップを言う瞬間は会場が静まって、そして歓声が凄かった。その時に、自分もここに立ちたいと思った」。ついに自らが五輪の舞台で戦う日がやってきた。

 個人的には、7分10秒台を切っての自己ベスト(7分10秒49)更新を目標に掲げていたが、軽々クリアした。実質的には4年後、8年後の五輪を見据えた大会でもあるが、負けるために来たわけではない。今春には、スピードスケートの名門でもある日本電産サンキョー(長野)入りが内定。日本の未来を背負う逸材が、北京でも爪痕を残した。

 ◇堀川 桃香(ほりかわ・ももか)20年世界ジュニア選手権3000メートル2位。北海道・大樹中出、北海道・白樺学園高。18歳。北海道出身。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月10日のニュース