×

小平 女子500「凄く収穫」2位、出遅れも中盤以降加速で2季ぶり36秒台

[ 2021年12月12日 05:30 ]

スピードスケート W杯第4戦第1日 ( 2021年12月10日    カナダ・カルガリー )

女子500メートルで2位に入り、3レースぶりの表彰台に上がった小平(AP)
Photo By AP

 女子500メートルで小平奈緒(35=相沢病院)は36秒81で2位。2季ぶりに36秒台をマークし、優勝したファトクリナにも0秒09差と肉薄した。最初の100メートル通過は全体11位と出遅れたが、中盤以降に加速。3レースぶりに表彰台に上がり「200メートルまでは何か確かめながら滑る感じになったが、その後の300メートルはいつもの自分の滑りをつかみ取れそうな感じだった。凄く収穫」と手応えを口にした。

 既に北京五輪代表入りを確実にしており「その舞台に立てることがより想像できるようになった。凄くワクワクする」と五輪2連覇への期待も示した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月12日のニュース