×

東京国際大・丹所 箱根駅伝へ自信「往路優勝を目指していきたい」

[ 2021年12月12日 13:34 ]

オンラインで取材に応じた、東京国際大・丹所

 箱根駅伝(来年1月2、3日)で初タイトルを狙う東京国際大が12日、オンラインで会見を行い、日本人エースの丹所健(3年)が「往路優勝を目指していきたい」と力強く語った。

 大学史上初のタイトルを獲得した出雲駅伝後に痛めていた足底も完治した。走れない期間はバイクやプールなどで心肺機能を落とさないことに注力。「今は何も違和感なく練習できている。箱根は完璧な状態で臨めます」と自信たっぷりに語った。

 1、2年時は1区起用。3区に起用されれば初めて地元・戸塚を走ることになる。「気持ちの入れ方としては出雲、全日本よりも違う。3区を走ることしか頭にないですね」と笑顔を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月12日のニュース