×

13歳の草木ひなのが新女王「30、40のおじさんにまみれて」週6日練習 スケートボード日本選手権

[ 2021年12月12日 14:11 ]

スケートボード日本選手権最終日 ( 2021年12月12日    茨城・笠間芸術の森公園スケートパーク )

<スケートボード日本選手権最終日>パーク女子、優勝した草木ひなの(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 パーク女子決勝が行われ、草木ひなの(13)が48・67点で初優勝を果たした。草木は予選、準決勝とも1位通過の完全優勝。今夏の東京五輪代表金メダルの四十住さくら(ベンヌ)、銀メダルの開心那(WHYDAH GROUP)ら五輪代表勢は不在だったが、3年後の24年パリ五輪へニューヒロインが誕生した。

 試技3回の最高得点を争う決勝の1回目。45秒間のランの最後に、練習してきたというマックツイストを決めると、思わずガッツポーズを繰り出した。バックサイド540と呼ばれる横1回転半する技に、縦1回転を加えた高難度の技。最終滑走の前に優勝が決まると、ウイニングランでも再び披露。「実感がわかない。540は(大会で)初めて決められた。めちゃくちゃうれしかった」と喜びを爆発させた。

 小さいころから水泳やアクロバティック体操、ダンスなどに取り組み、体を動かすことが大好き。一方で「母がやっていた」というスケートボードは「大嫌いだった」が、小3で始めるとめきめきと頭角を現し、わずか4年で日本一に。地元のつくば市にあるスケートパークでは「30、40のおじさんたちにまみれて」、定休日の火曜日を除き週6日練習。男子のスケートボーダーやプロのスノーボーダーに助言をもらえる環境で、急成長を遂げた。

 過去の優勝者は四十住と開。3代目女王に就いた草木にも五輪出場、そしてメダル獲得と期待が集まるが、「次元が違う。五輪選手の背中はめちゃめちゃ遠い」と冷静。それでも「私の良さであるスピードを生かして、グラインドやバックサイドエアの高さを上げていきたい。パリ五輪までに実力を付けたい」とどん欲。世界屈指の選手層を誇る日本のパーク女子に、また1人、コンペティターが加わった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月12日のニュース