逆転賞金王へ星野2位浮上 66マーク「落ち着いてボギー少なくプレーできた」

[ 2021年12月4日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 日本シリーズJTカップ第2日 ( 2021年12月3日    東京都 東京よみうりCC=7023ヤード、パー70 )

3番、ティーショットを放つ星野陸也(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 今季3勝の星野が2位に浮上した。6番パー5では第2打を手前カラーに運び、10メートルをねじ込んでイーグル。最難関の18番パー3では巧みなロブショットでダブルボギーを回避。66をマークし「ティーショットがぶれていたけど、落ち着いてボギーを少なくプレーできた」と納得顔だった。

 優勝すれば逆転賞金王の可能性が生まれる。「優勝して賞金王で締めくくれたら最高だけど、簡単にはいかないと思う」と気を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月4日のニュース