照ノ富士 40秒熱戦制し無傷11連勝、単独トップも「変わりない」

[ 2021年11月25日 05:30 ]

大相撲九州場所11日目 ( 2021年11月24日    福岡国際センター )

逸ノ城(奥)を寄り倒しで下した照ノ富士
Photo By 共同

 照ノ富士は今場所自身最長となる40秒弱の相撲で逸ノ城を退け、11連勝とした。

 右四つで上手を先に許したが焦らないのが横綱の強さ。「落ち着いてやれた」と上手を引くと、出し投げで崩して寄り倒した。10日目に単独トップに立ち、貴景勝らに追われる立場となっても「変わりはない」と重圧とは無縁の様子。2場所連続6度目の優勝に向け、隙は見当たらない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月25日のニュース