ラプターズ・渡辺雄太 今季初出場でプレーできる喜びつづる!「約2ヶ月ぶりのコート最高でした」

[ 2021年11月25日 23:07 ]

NBA   ラプターズ126―113グリズリーズ ( 2021年11月24日 )

今季初出場となったラプターズの渡辺雄太(左)(AP)
Photo By AP

 トロント・ラプターズに所属する日本代表の渡辺雄太(27)が25日自身のツイッターを更新。今季初出場となった試合を振り返り、心境をつづった。

 24日(日本時間25日)、メンフィス・グリズリーズとの試合で今季初出場。試合途中から14分出場して、3得点3リバウンド2スティール2ブロックの活躍を見せてチームの勝利に貢献した。

 渡辺は開幕ロースター入りを果たしたものの左足のふくらはぎを痛めて欠場が続いていた。古巣でもあるグリズリーズとの試合で、第2クォーター残り9分54秒からコートに立って今季初出場。ファンをもっとも魅了したのは第4クォーター残り10分54秒。グリズリーズのディロン・ブルックス(25)がカットインからダンクシュートを狙ったところに、渡辺は豪快なブロックショットを決めた。復帰初戦からアグレッシブなプレーを見せ、チームは126ー113で勝利した。

 渡辺は自身のツイッターで「Felt great to be back playing」とつづり始め、「復帰に多少時間かかりましたが、約2ヶ月ぶりのコート最高でした」とプレーできる喜びをつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月25日のニュース