ラグビー日本代表SH斎藤 同期の中野と「一緒にプレーして勝つ」20日スコットランド戦

[ 2021年11月19日 21:09 ]

斎藤直人
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表はあす20日、リポビタンDツアー2021最終戦で世界ランキング7位のスコットランドと対戦する。現地19日午後には、試合会場となる英エディンバラのマレーフィールドで最終調整を行う予定。今年最終戦に向けて、総仕上げを行う。

 リザーブ入りしたSH斎藤直人(東京SG)は「自分の役割を果たしたい。試合の流れによるが、(他の選手が)疲弊している時間に入るので、いいエナジーを出し、ハイテンポなアタックを遂行したい」と意気込み。この秋は4試合で先発機会なし。「まだ試合は終わっていない。9番のことば帰国後にしっかりレビューしたい」と悔しさは胸に秘め、フォアザチームでスコットランド撃破に集中する構えだ。

 早大や現所属でも同期としてプレーするCTB中野将伍は、2試合連続の先発。6、7月の欧州遠征では斎藤が先んじて代表キャップを獲得し、スコッド入りがかなわなかった中野に刺激を与えた。13日のポルトガル戦に続き、今回も一緒にプレーする可能性があるだけに、「もちろん刺激になっている。大学4年間とサントリー(東京SG)での2年間、ストイックなところを見てきているので、(活躍は)うれしい気持ちはあるし、自分も頑張らないといけない。一緒にピッチでプレーして勝ちたい」と気持ちも新た。19年度、早大を11季ぶりに大学日本一に導いた“名コンビ”で、スコットランドをやっつける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月19日のニュース