ジョウが首位発進、2位に宇野昌磨 佐藤駿は5位 スケートアメリカ男子SP

[ 2021年10月23日 13:11 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦・スケートアメリカ第1日 ( 2021年10月22日    米ネバダ州ラスベガス )

ヴィンセント・ジョウ(19年撮影)
Photo By スポニチ

 11選手による男子ショートプログラムはビンセント・ジョウ(米国)が97・43点で首位発進した。冒頭の4回転ルッツ―3回転トーループなどを決めた。2位は宇野昌磨(トヨタ自動車)で89・07点。冒頭のフリップの回転が抜けたが、他のジャンプをまとめた。3位はジミー・マ(米国)で84・52点だった。

 ジャンプミスが相次いだネーサン・チェン(米国)は82・89点で4位スタート。佐藤駿(フジ・コーポレーション)は前日に左肩を負傷しながら4回転ルッツを決めて80・52点で5位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月23日のニュース