稲見 世界ランク24位に浮上、五輪女子ゴルフ代表争いで優位キープ

[ 2021年6月16日 05:30 ]

◇女子世界ランキング◇
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの14日付ロレックス世界ランキングが発表され、全米女子オープン優勝の笹生優花(19=ICTSI)は前週試合に出場しなかったが、1つ上げて8位となり自己最高位を更新した。

 畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は10位で変わらなかった。稲見萌寧(21=都築電気)は2つ上げて24位、古江彩佳(21=富士通)は28位で変動がなく、渋野日向子(22=サントリー)は1つ上げて31位だった。

 原則各国2人の東京五輪出場選手は28日付世界ランキングに基づく五輪ランキングで決まる。フィリピン代表で出場予定の笹生を除いて日本勢最上位の畑岡は当確。2番手の稲見、3番手の古江は国内ツアー2試合を残すが、前週2位に入り平均ポイントで古江以下との差を広げた稲見が優位を保つ。今週試合のない4番手の渋野は全米女子プロ選手権(24日開幕、ジョージア州)で逆転を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月16日のニュース