階級変更の八木 3大会連続五輪切符!ハイレベルな争い「1つでもいい順位を」

[ 2021年6月16日 05:30 ]

重量挙げ 東京五輪代表発表

重量挙げの東京五輪代表に決まった八木かなえ
Photo By 共同

 女子55キロ級の八木も開催国枠で代表に決まった。12年ロンドン12位、16年リオ6位に続いて3大会連続の出場。「リオ以降、苦しい時期もあったけど、たくさんの方のおかげでここまで頑張ることができた」と話した。過去2大会は53キロ級だったが、階級変更によって、よりハイレベルな争いとなる。「とても厳しい戦いになる」とし、「1つでもいい順位を狙いたい」と意気込んだ。

 ◇八木 かなえ(やぎ・かなえ=女子55キロ級)1992年(平4)7月16日生まれ、兵庫県出身の28歳。五輪3大会連続出場。旧階級区分だった53キロ級でロンドンは12位、リオデジャネイロでは6位入賞を果たした。兵庫・須磨友が丘高、金沢学院大出。ALSOK所属。1メートル53。

 ◇安藤 美希子(あんどう・みきこ=女子59キロ級)1992年(平4)9月30日生まれ、千葉県出身の28歳。リオデジャネイロ五輪は58キロ級で5位に入賞し、その後は韓国で鍛えた。19年世界選手権は59キロ級で5位。埼玉栄高、平成国際大出。FAコンサルティング所属。1メートル55。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月16日のニュース