五輪参加者に求める同意書 健康被害リスクの“自己責任”表記はIOC統括部長「透明性確保」

[ 2021年6月16日 05:30 ]

オンラインであいさつするIOCのクリストフ・デュビ氏。右は東京2020組織委員会の中村英正大会開催統括
Photo By 代表撮影

 IOCが東京五輪参加者に求める同意書に、コロナや猛暑による「健康被害」のリスクは自己責任とする表記を盛り込んだことについて、デュビ統括部長は「予期できない事態が発生し、保険ではカバーできないリスクもある。そこは参加者の責任になる」と説明。

 同意書は「五輪だけが特別ではなく、通常のスポーツ大会でもある」とし、透明性確保のために今回は明記したと強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月16日のニュース