桃子結婚原稿の裏側、“この親にしてこの子あり”上田家の義理堅さに感謝

[ 2021年6月16日 05:30 ]

上田桃子バースデー婚発表

上田の義理堅さに感謝
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】上田がプロデビューした時にゴルフ担当になった。新人らしい出入りの激しいプレー、喜怒哀楽を素直に出す性格にほれ込んだ。伝説のアルバトロスも、史上最年少の賞金女王となった瞬間も間近で見る貴重な経験をした。そんな縁があり、結婚話はスポニチで書かせてほしいとお願いしていた。

 ただコロナ下もありここ2年ほどは会えずじまい。しかもSNS全盛の昨今。おそらくインスタグラムでの発表になるだろうと諦めていた。だが、違った。

 結婚の原稿を書きながら、賞金女王となった当時を思い出した。一躍トップに立った上田の元には複数のマネジメント会社が契約を申し込んだ。当然契約するのは1社で、ほかは断るしかない。すると、父・功一さんは熊本からわざわざ上京し、断りを入れる会社の人に会って、頭を下げたという。この親にしてこの子あり。義理堅い上田家に、私は足を向けて寝られない。(大阪本社スポーツ部デスク・康本園子)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月16日のニュース