錦織 初戦突破、五輪ダブルスに意欲も心境複雑 ウィンブルドン前哨戦

[ 2021年6月16日 05:30 ]

ノベンティOPシングルス1回戦を突破した錦織
Photo By ゲッティ=共同

 男子テニスのノベンティ・オープンは15日、ドイツ・ハレでシングルス1回戦が行われ、世界ランキング57位の錦織圭(日清食品)は予選を勝ち上がった同84位のリカルダス・ベランキス(リトアニア)をフルセットの末に下した。2回戦で同52位のセバスチャン・コルダ(米国)と戦う。今大会は芝コートで行われ、ウィンブルドン選手権(28日開幕、英国)の前哨戦と位置付けられる。

 14日付の世界ランキングで東京五輪出場を確実にした錦織は、五輪でマクラクラン勉(イカイ)と組んでのダブルス出場にも意欲を示した。ダブルスへの出場を問われ「はい、出ます」と答えた。マクラクランはまだ世界ランキングによる出場権を得ていないが、日本にはダブルスで開催国枠が1つある。一方で、新型コロナ禍で五輪開催に賛否があることも理解しており「まだ100%前向きではない」と複雑な心境も口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月16日のニュース