北朝鮮の五輪不参加確定 IOC、出場枠を再配分へ 夏季大会では33年ぶり

[ 2021年6月9日 06:45 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)は8日の理事会で、北朝鮮が獲得した東京五輪の出場枠を他の国・地域に再配分することを決めた。北朝鮮体育省は新型コロナウイルスへの懸念を理由に4月に不参加を表明していた。国内オリンピック委員会(NOC)から正式な通知はないが、五輪開幕が迫る中で判断に至り、不参加が事実上確定した。

 IOCのNOC担当責任者は記者会見で「出場枠を待つ選手、公平性のために決めなければならなかった」と説明した。北朝鮮は1964年東京五輪も不参加で、夏季大会での参加見送りは88年ソウル五輪以来、33年ぶりとなる。

 理事会では、各NOCの総会と理事会にアスリート代表者が参加することを明文化するため、7月のIOC総会で五輪憲章を改定する案を承認した。正式決定すれば、全NOCに来年末までの選手委員会設置を求める。

 IOC委員を務めてきたデンマークのフレデリック皇太子とキカン・ランドル委員(米国)の退任も決まった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月9日のニュース