ナダル&ジョコビッチ ともに全仏歴代最多15度目8強入り

[ 2021年6月9日 05:30 ]

ベスト8入りを果たしたナダル(AP)
Photo By AP

 テニスの全仏オープン第9日は7日、パリ・ローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で5年連続14度目の優勝を狙うラファエル・ナダル(スペイン)と昨年準優勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が勝ち、ともに同種目で歴代最多15度目の8強入りを果たした。

 女子シングルス4回戦では昨年初Vの第8シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)がストレート勝ちしたが、昨年準優勝で第4シードのソフィア・ケニン(米国)はマリア・サカリ(ギリシャ)に屈した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月9日のニュース