多田、男子100メートル日本人最高2位「調子がいいときのスタート」手応え

[ 2021年5月10日 05:30 ]

陸上 東京五輪テスト大会 ( 2021年5月9日    国立競技場 )

男子100メートル決勝、ガトリン(右)と健闘を称えあう多田修平(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子100メートル決勝は、多田が10秒26で日本人最上位の2位に入った。ゴール前でガトリンにかわされたものの、得意の序盤で好ダッシュを見せ「調子がいいときのスタートに似てきた」と笑顔。予選は10秒24(向かい風0・2メートル)で、ガトリンに0秒02差先着しインパクトを与えたようで、決勝後の取材エリアで「タダ、タダ」と呼ばれ、ハイタッチした。

 《ガトリンV!視察も「成功」》男子100メートル優勝のガトリンは、視察目的もあって参戦したことを明かした。滞在、移動などで外部との接触を制限した「バブル方式」が「どれだけ安全なのか、という観点で参加した」と語り、「結果として成功だった」と評価した。

 ▼男子100メートル・ケンブリッジ 山あり谷ありですが、万全な状態でレースへ挑めるよう体をつくり直して、次戦に挑みたいと思います。(予選2組を10秒28でトップ通過も、4月の出雲大会と同様に左太腿裏の違和感を訴え決勝棄権)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月10日のニュース