飯塚 レース前、デモに気付いた「パトカーが出ていて、騒々しかった」

[ 2021年5月10日 05:30 ]

陸上 東京五輪テスト大会 ( 2021年5月9日    国立競技場 )

暗くなってからも国立競技場前で抗議活動をする人たち
Photo By スポニチ

 男子200メートルで優勝した飯塚は五輪中止を求めるデモの存在をレース前に気付いていた。招集場から競技場外が見えたそうで「パトカーが出ていて、騒々しかった」と振り返った。

 レースは走りに集中。後半は「足が動かなかった」と20秒48で五輪参加標準記録の20秒24を切れなかったものの、明るい材料もある。格付けが高い今大会の勝利で世界ランキング48位からの上昇が確実。日本選手権3位以内で、3大会連続の五輪が濃厚だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月10日のニュース