男子400障害に新星!黒川Vで代表争い過熱 黒縁めがね&ヘアバンドの法大2年

[ 2021年5月10日 05:30 ]

陸上 東京五輪テスト大会 ( 2021年5月9日    国立競技場 )

男子400メートル障害、東京五輪の参加標準記録をクリアする48秒68で優勝した黒川
Photo By 共同

 新星が現れた。男子400メートル障害は、前半から飛ばしに飛ばした黒川が自己記録を0秒51更新し、48秒68で優勝。

 黒縁めがねとヘアバンドがトレードマークの法大2年生は「48秒台に乗っていると思っていなくて、ビックリしたのと五輪参加標準記録を突破して喜びが爆発した」と大喜びした。

 このレースで、山内、豊田も48秒90の参加標準記録をクリア。4位に沈んだ安部を含めて突破者が4人となり、代表争いが熱を帯びてきた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月10日のニュース