石川遼は1ホールで痛恨の池ポチャ2発 ダブルボギーが響き71と伸ばせず/選手会主催の新規大会が開幕

[ 2021年5月6日 15:45 ]

プレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品 ( 2021年5月6日    栃木県西那須野CC=7036ヤード、パー72 )

石川遼
Photo By スポニチ

 ジャパンゴルフツアー選手会が主催する新規大会が開幕。石川遼(29=CASIO)は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの71でホールアウトした。この時点で首位とは6打差。「チャンスは作れていたので、もう少し良いスコアは臨めたかな」と悔しさをにじませた。

 ポイントとなったのは、2アンダーで迎えた後半の6番パー5だ。不規則な上空の風の影響もあり、1Wでの第1打と3Wでの打ち直しの第3打を右サイドの池に入れてダブルボギーをたたいた。2日目に向けては「パー5の4つ(でバーディーを)をいかに取るかキーになる」と石川。この日苦戦したパー5でリベンジを果たし、上位浮上を目指したい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月6日のニュース