ウィザーズ指揮官、ラプターズ戦も八村欠場を示唆 再び日本人対決お預けか「マジで悲しい」「焦らすなぁ」

[ 2021年5月6日 19:25 ]

ラプターズの渡辺雄太(左)とウィザーズの八村塁(右)
Photo By スポニチ

 NBA東地区全体10位のウィザーズのスコット・ブルックス監督は、現地5日の試合後のメディア対応で現地6日に行われるラプターズ戦も八村塁(23)が欠場することを示唆した。

 八村は5日のバックス戦を「新型コロナではない体調不良」という理由で欠場した。ブルックス監督は試合後のメディア対応で「塁は明日も欠場する見込みだ」と次戦となるラプターズ戦の欠場を示唆した。

 ラプターズには4月19日にツーウエー契約から本契約を結んだ渡辺雄太(26)が所属している。今季はウィザーズーラプターズが3試合予定されていたが、過去2試合で日本人対決は実現しなかった。今季最後のウィザーズーラプターズで日本人対決が期待されたものの、日本人対決は来季以降にお預けとなりそうだ。

 ネットでは日本人対決を期待していたNBAファンたちが「マジで悲しい」「日本人対決またもやお預け?頼むぜバスケの神様よぉ…」「渡辺選手と八村選手の両選手が同時にコート上にいるのを観たかったなぁ」「来シーズンに持ち越しかぁ、焦らすなぁ」などと残念な声が多く挙がった。

 残念な声の一方で残るシーズンに向けて「塁お大事に...」「八村選手の体調が早く治りますように!」「日本人対決は早く観たいけど、今はお互い大事な時期だし無理はせずコンディション整えて、残りの試合の準備してもらいましょう」などの日本人選手たちのコンディションを心配する声も多く挙がった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月6日のニュース