車いすラグビー日本代表 東京パラで世界1位の豪州同組も指揮官「対策がとりやすい」

[ 2021年5月5日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる車いすラグビー日本代表の池(日本車いすラグビー連盟提供)
Photo By 共同

 東京パラリンピックの車いすラグビー日本代表が4日、オンライン取材に応じ、池透暢主将はパラ2連覇中の世界1位オーストラリアと同組に入った組み合わせに「自信を持ってやれる準備をしていきたい」と訴えた。

 苦戦必至の難敵だが「自分たちのレベルが決勝に向けて磨かれる」と前向き。6位フランスと7位デンマークも含めた組み合わせにケビン・オアー監督も「傾向が似ていて対策がとりやすい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月5日のニュース