橋本聖子会長、緊急事態宣言延長方針に「安心安全が最優先」

[ 2021年3月3日 21:06 ]

東京五輪・パラリンピックに向けた5者協議で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長(右奥モニター)のあいさつを聞く大会組織委員会の橋本聖子会長(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が3日、東京都の小池百合子知事、丸川珠代五輪相、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長との「5者協議」を終え、取材に応じた。

 新型コロナウイルス対策として首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言について、菅義偉首相はこの日、2週間程度の延長を視野に入れていることを表明。これを受け、橋本会長は「(緊急事態宣言の)2週間程度の延長ということは承知をしているが、まだ正式に決定されたということではない。どちらにしても安心安全が最優先。全ての方が“これならできる”という措置をしなければ受け入れていただけない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月3日のニュース