東レ・黒後が大暴れ18得点 9季ぶり優勝へ21日決勝VS女王JT

[ 2021年2月21日 05:30 ]

<東レ・デンソー>第3セット、得点を喜ぶ東レ・黒後
Photo By 共同

 バレーボールVリーグ女子1部プレーオフの準決勝2試合が20日に東京・大田区総合体育館で行われ、9季ぶりの優勝を狙う東レが3―0とストレートでデンソーを下し、2季ぶりに決勝に駒を進めた。連覇を狙うJTは3―2でNECに勝利。決勝は21日に行われる。

 日本代表で東レの黒後愛がチーム最多の18得点をマークし、決勝進出に貢献。22歳の主将は「チームみんなで勝てた1勝。うれしい。気迫が前面に出せた」と笑顔を見せた。今季レギュラーシーズンは21戦全勝で1位。「支えてくれた方々に恩返しをしたい。今できることを精いっぱい、頑張りたい」と優勝だけを見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月21日のニュース