前田穂南が会見で抱負「2時間20分切りを目指したい」

[ 2021年1月29日 14:56 ]

東京五輪女子マラソン代表の前田穂南
Photo By スポニチ

 31日号砲の陸上・大阪国際女子マラソンの記者会見が29日、大阪市内であり、東京五輪マラソン代表の前田穂南(24=天満屋)が出席し、「2時間20分切りを目指したい」と抱負を語った。

 今大会は、緊急事態宣言に伴い、大阪市の長居公園を約15周する異例のコースで行う。平坦なコースのため、野口みずきさんが持つ2時間19分12秒の日本記録更新に期待がかかるが、自己記録2時間23分48秒、一昨年のマラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)を制した実力者は「年末年始は思うように走れなかった。レース当日はどうなるか分からない」と語り、慎重だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月29日のニュース