来季GPファイナルは東和薬品ラクタブドーム、NHK杯は代々木競技場に決定

[ 2021年1月29日 22:12 ]

 日本スケート連盟は29日、公式ツイッターを更新し、来季2021―22年シーズンのフィギュア・グランプリ(GP)ファイナル(12月9~12日)が行われる大阪の会場が東和薬品ラクタブドームだと発表した。また、第4戦に行われるGPシリーズNHK杯は東京・国立代々木競技場であることも明らかにした。

 この日、国際スケート連盟(ISU)が来季GPシリーズの日程のほか、フィギュアの五輪テスト大会として10月13~17日に「アジアン・オープン・トロフィー」を北京で開催することなどを発表していた。

◇フィギュア2021~22年シーズン前半戦日程
・五輪テスト大会「アジアン・オープン・トロフィー」(2020年10月13~17日 北京)
・GPシリーズ第1戦スケートアメリカ(10月22~24日 場所未定)
・第2戦スケートカナダ(10月29~31日 バンクーバー)
・第3戦中国杯(11月5~7日 重慶)
・第4戦NHK杯(11月12~14日 東京・国立代々木競技場)
・第5戦フランス杯(11月19~21日 グルノーブル)
・第6戦ロシア杯(11月26~28日 モスクワ)
・GPファイナル(12月9~12日 大阪・東和薬品ラクタブドーム)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月29日のニュース