服部勇馬が右脚痛で福岡国際マラソンを欠場 「本当に申し訳ない気持ち」

[ 2020年12月3日 19:03 ]

服部勇馬
Photo By スポニチ

 福岡国際マラソンの主催者は3日、招待選手の東京五輪代表、服部勇馬(27=トヨタ自動車)が右脚痛のために6日のレースを欠場すると発表した。

 服部は事務局を通じ「レースでの応援を心待ちにして下さったファンの皆さまには、本当に申し訳ない気持ちです。今回、マラソンのスタートラインに立つ難しさを改めて感じています。この経験がこれからの私を成長させてくれる糧になると信じて、新たな目標に向かって前進していきます。またいつの日か必ず、成長した姿で福岡国際マラソンに臨みたいと思います」とコメントした。

 服部は2年前の同大会で日本歴代8位(当時)となる2時間7分27秒で優勝。04年大会以来、14年ぶりの日本人Vを飾った。今大会では日本記録更新も視野にトレーニングに打ち込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月3日のニュース