朝乃山、「朝潮」襲名聞かれ「偉大なしこ名だから、そう簡単に自分から言えない」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

11月場所に向け稽古する朝乃山
Photo By 共同

 大関・朝乃山は都内の高砂部屋で立ち合いの確認などをして調整。16日から始まる合同稽古について「行かないです。部屋でベースをつくりたい」と見送る意向を示した。

 この日は鉄球を使って下半身も強化。体をみっちり鍛えてから実戦稽古に突入する。部屋で受け継がれる「朝潮」の襲名について話題を振られたが「全くない。偉大なしこ名だから、そう簡単に自分から言えない」と否定的だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月15日のニュース