宮原知子 ブログで心境つづる、スケートカナダ中止も「気持ち新たに来る試合を楽しみに」

[ 2020年10月15日 17:30 ]

宮原知子
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪4位の宮原知子(22=関大)が15日、自身のブログを更新。出場を予定していたグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(オタワ)中止について「また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」と心境をつづった。それでも、12月には全日本選手権(長野)が控えているだけに「でも!わたしには全日本に向け、練習すべきこと、取り組むべきことは沢山あります。まずは気持ちを落ち着かせて、気持ち新たに来る試合を楽しみに、頑張っていきたいと思います」とした。

 昨季からカナダ・トロントを拠点とする宮原は「マスク、手洗いうがい等自分に守れるべきことはしっかりと守り、健康第一で日々を過ごしていきます」とも報告。散歩中に見つけたかわいらしい石の写真を添え「こんな状況でも、なんだかほっこり、頑張れそう!と前向きな気持ちになることができました。なにげない発見ですが、ちょっとかわいくてお見せしたくなりました。引き続き、やれることを遂行して頑張っていきます」と締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月15日のニュース