フィギュア・フランス杯の開催不透明に グルノーブルなどに夜間外出禁止令

[ 2020年10月15日 08:57 ]

宇野昌磨(左)と紀平梨花
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・フランス杯(11月13日~15日、グルノーブル)の開催が不透明になってきた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、フランス政府がパリやグルノーブルなどを対象に今月17日から少なくとも4週間、午後9時~午前6時の外出禁止を発令。フランス杯の開催期間も該当し、競技時間が最も遅いペアは、11月13日のショートプログラム(SP)が午後8時40分、同14日のフリーが午後9時10分開始となっている。開催には最低限、競技時間の変更が求められるが、選手らの安全を担保できるかが、さらに重要になる。

 フランス杯には男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子の紀平梨花(N高東京)がエントリー。新型コロナの影響により、宮原知子(関大)らが出場を予定していた第2戦・スケートカナダは既に中止が決まっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月15日のニュース