高橋礼華さん、18日デンマークOPで解説者デビュー リオ女子ダブルス金

[ 2020年10月15日 05:30 ]

16年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋礼華さん
Photo By スポニチ

 バドミントン女子ダブルスの16年リオデジャネイロ五輪金メダリストで、8月末で現役引退した高橋礼華さん(30)が18日に“解説者デビュー”を飾ることが14日、分かった。現在開催中のデンマーク・オープン決勝が放送される18日の「J SPORTS」にゲスト解説として初参加するという。

 同大会はワールドツアー再開初戦。日本代表は3種目6選手のみの参加だが、女子ダブルスには「フクヒロ」こと福島由紀(27)、広田彩花(26)組(丸杉Bluvic)と「ナガマツ」こと永原和可那(24)、松本麻佑(25)組(北都銀行)が出場する。第1、2シードの日本勢対決が決勝で実現する可能性が高く、高橋さんは“初戦”から後輩2ペアの熱戦を伝えることになりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月15日のニュース