豊田自動織機、女王撃破へ“盛り上げ大作戦” 26日から女子ソフト1部L第7節

[ 2020年9月25日 05:30 ]

<戸田中央総合病院・豊田自動織機>盛り上がる豊田自動織機ベンチ(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 第53回日本女子ソフトボール1部リーグ(日本ソフトボール協会、日本女子ソフトボール機構主催)は26日から2日間、愛知・刈谷、京都市、埼玉・朝霞市の3会場で第7節の12試合を消化する。現在2勝1敗の豊田自動織機が“ホーム”で戦う刈谷大会では、27日の大一番、ビックカメラ戦で「おうち観戦盛り上げイベント」と称した企画を実施する。

 選手とチームの横断幕を球場に掲示。さらにメッセージ付きのハリセンまで設置し、全力プレーの選手を後押しする。これだけではない。試合開始前には、豊田自動織機の誇るチアガールチーム「スピナーズ」による応援演技が花を添えるうえ、試合中には東海地区で人気急上昇中の「名古屋おもてなし武将隊」が軽妙なMCで熱戦を盛り上げる。

 なかなかリーグ戦4位の壁が破れない豊田自動織機が昨年の女王に挑む決戦。スタンドに観客の姿はなくても、心のこもった応援イベント、そしてネット中継を通じて届く声援が「刈谷の陣」を熱くする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月25日のニュース