正代 照強下し2敗守った 勝ち越し決め心に余裕「次は2桁を」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

大相撲秋場所10日目 ( 2020年9月22日    両国国技館 )

<秋場所10日目>照強(左)を寄り切りで下す正代(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 正代は照強を寄り切り2敗を守った。

 初顔の昨年九州場所は奇襲の足取りから押し出された。「嫌な緊張感があった。(足取りを)警戒しすぎて出足が甘くなった」と反省。真っすぐ当たってきた相手を左で抱え、右で相手左手首をつかんで体格差を生かした。第一目標は勝ち越しで「心に余裕を持って、次は2桁を。できるだけ自分の相撲を取って悔いの残らないようにしたい」。目標を一つ一つクリアし、初優勝を目指していく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース