貴景勝 大関の貫禄!新関脇・大栄翔“一蹴”で2敗キープ

[ 2020年9月23日 05:30 ]

大相撲秋場所10日目 ( 2020年9月22日    両国国技館 )

<秋場所10日目>大栄翔(左)との激しい張り合いを制し押し出しで下す貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 貴景勝が結びの一番で新関脇・大栄翔を一蹴した。

 いつも激戦となる両者だが、この日は貴景勝が力強い突き押しで一方的に勝利。下から突き上げて相手の攻撃をはね上げ、左ハズ押しで一気に勝負を決めた。勝ち越しを決めて「突き押し同士なので気持ちで負けないように行きました」と振り返った。2敗勢がしっかりと白星を積み重ねる中、貫禄を見せてトップを維持。「とにかく11日目の一番に集中したい」と冷静だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース