試合開始3時間遅れ…ズベレフ“不満”も貫禄の逆転勝ち

[ 2020年9月6日 05:30 ]

テニス全米オープン第5日   A・ズベレフ3―1マナリノ ( 2020年9月4日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

アレクサンダー・ズベレフ(AP)
Photo By AP

 男子シングルス3回戦のズベレフ―マナリノは試合開始が約3時間遅れた。

 マナリノは新型コロナウイルスに陽性反応を示して開幕前日に棄権したペール(フランス)の濃厚接触者とされ、この日も保健当局からなかなか“ゴーサイン”が出なかった。夕方から始まった試合で3―1と逆転勝ちしたズベレフは「ボールがよく飛ぶ、最も暑い時間帯にプレーする準備をしていたのに」と運営に不満を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月6日のニュース