日立 20歳坂本“肝っ玉”無死満塁から3連続K!新加入チークがサヨナラ弾

[ 2020年9月6日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボールリーグ 神奈川大会   日立3―0Honda ( 2020年9月5日    大和スタジアム )

<日立・Honda>7回を投げ抜き完封勝利を果たした日立先発の坂本(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 日立は先発の坂本が大ピンチで会心の投球をした。6回に無死満塁を招いたが「楽しむことが1番」と、20歳とは思えぬほど肝っ玉が据わっていた。4番佐野から3者連続三振。決め球はいずれも外角球でコーナーギリギリに決まった。7回を118球、4安打無失点に抑えると、新加入のチークが均衡を破るサヨナラ3ラン。「野手に不安な姿を見せないなど、マウンドでの立ち姿をいろいろ考えて投げた」という姿勢が劇的勝利を呼び込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月6日のニュース