星野が単独首位 進化遂げたスイング武器に「優勝できたら」

[ 2020年9月6日 05:30 ]

男子ゴルフツアー フジサンケイ・クラシック第3日 ( 2020年9月5日    山梨県 富士桜CC=7566ヤード、パー71 )

18番、首位8アンダーでホールアウトした星野
Photo By 代表撮影

 2打差4位から出た星野が4アンダー67と伸ばし、単独首位に立った。

 18年にプロ初優勝を手にした思い入れのある大会。「難コースを攻略するのは楽しい」と笑みを浮かべた。「3日間を通して順調に進んでいる。最終日もうまく生かして優勝できたら」。進化を遂げた安定感のあるスイングを武器に、今季初勝利となる通算3勝目を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月6日のニュース