畑岡奈紗 予定早め渡米、体調不安なし「しっかり練習できた」も入国が心配

[ 2020年3月6日 17:27 ]

マスク姿で取材に応じる畑岡奈紗                               
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの世界ランキング5位で東京五輪出場が有力な畑岡奈紗(21=フリー)が6日午前、主戦場とする米ツアーでの試合出場のために成田空港発の航空機で渡米した。新型コロナウイルスの感染拡大で、日本からの渡航が制限される事態を恐れ、予定を11日から早めた。マスク姿で現れた畑岡は「一昨日ぐらいに決めたので荷造りとかは大変だった。心配なことばかりだけど、できる準備をするしかないと思っている。早く収束してほしいとは思います」と話した。

 1月に2戦をしたが、2月に予定したタイ、シンガポールのアジア・シリーズ2試合がコロナ問題で中止。約1カ月間は体力作りに着手し、宮崎合宿ではJGA(日本ゴルフ協会)ナショナルチームのガース・ジョーンズヘッドコーチの指示も仰いだ。「もう1回オフが来た感じ。しっかり練習はできた」と体調面の不安はないと話す。

 スケジュールを早めたため、同行する母・博美さんの渡航手続きが間に合わず今回は1人での出国。「(米国は)マスクとかしない習慣だし、今は入国のときが一番不安ですね。下手したら隔離されちゃうかも。今、結構、緊張しています」と複雑な心境を明かした。

 19日開幕のファウンダーズ・カップ(アリゾナ州)、大会連覇が懸かる起亜クラシック(26日開幕、カリフォルニア州)に出場し、メジャー初戦となるANAインスピレーション(4月2日開幕、カリフォルニア州)に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月6日のニュース