全日本ジュニア王者・河辺愛菜はSP8位、川畑和愛は10位でフリーへ

[ 2020年3月7日 00:42 ]

フィギュアスケート世界ジュニア選手権第3日 ( 2020年3月6日    エストニア・タリン )

<フィギュアスケート世界ジュニア選手権女子SP>初めての世界選手権で64・47の高得点をマークした河辺愛菜
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラムが行われ、全日本ジュニア王者の河辺愛菜(15=関大KFSC)は3回転ルッツー3回転トーループを着氷すると残りの2本のジャンプもうまくまとめ64・47点の8位、ジュニアGP女王のカミラ・ワリエワの直後、場内のざわめきが残る中でスタートした全日本選手権3位の川畑和愛(18=N高)は62・85点の10位でフリーに進んだ。

 ▼河辺の話 最初はジャンプのことばかり考えてしまい緊張していましたが後半は楽しんで滑れました。(こらえて着氷した)ループは少し軸が乱れました。

 ▼川畑の話 (緊張で)口の中がくっついちゃうぐらい緊張していました。少し慎重に行きすぎたと思うのでフリーでは思い切り行きたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月6日のニュース