サンウルブズ 3月8日、14日の試合は国外開催に変更へ

[ 2020年2月28日 05:30 ]

 スーパーラグビーのサンウルブズは27日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月8日のブランビーズ戦(花園)と同14日のクルセーダーズ戦(秩父宮)を国外開催に変更する見込みと発表した。関係者によると、いずれもアウェーのキャンベラ(オーストラリア)とクライストチャーチ(ニュージーランド)での開催が決定的という。2試合とも1万枚以上が販売されていた前売り券は払い戻しとなる。

 都内で会見した渡瀬CEOは「国内で無観客も検討したが、国外の方が安全と判断した」と説明した。サンウルブズはアウェー2連戦中で、ホーム2試合が敵地開催になると海外で6連戦の厳しい日程を強いられる。今後、開催国への日本人の入国が制限される可能性もあり、渡瀬CEOはケガ人に備えて「控えの選手をある程度海外に置いておかないといけないかもしれない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月28日のニュース