Sスケート女子団体追い抜き 世界新V!菜那&美帆&綾乃が快挙

[ 2020年2月16日 05:30 ]

女子団体追い抜きで世界記録を更新した(手前から)高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那
Photo By 共同

 女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)佐藤綾乃(ANA)の日本が17年12月に樹立した世界記録を0秒11更新する2分50秒76で2年連続3度目の頂点に立った。18年平昌冬季五輪から3季連続の世界一。女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が36秒69で17年以来2度目の優勝を果たした。

 一糸乱れぬ隊列で、2季前につくった世界記録を塗り替えた。女子団体追い抜きの日本は2位オランダに2秒近い差をつける圧勝。最年長の高木菜は「みんなが自分の仕事をこなし最後まで粘れた」と誇らしげだった。

 今季から団体追い抜きは転倒時の安全のため、ヘルメット着用が義務。レーシングスーツは厚みがあって伸縮性が低くなり、選手は動きづらくなった。日本スケート連盟の湯田強化部長は「(前回の世界記録は)不滅になる可能性がある」とみていたほどだ。

 それを0秒11縮めた結果に「世界新が無理だという頭はなかった。まだ伸びる余地はある」と昨季1500メートル世界記録保持者となった高木美。高木菜、佐藤も個人種目で自己ベストを縮めた結果が、快挙につながった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月16日のニュース